東京駅など周辺施設の比較による結婚式場の選び方

二人にふさわしい結婚式場を見つけましょう

都心部での挙式

結婚式場はどのように変遷したのでしょうか

江戸時代以前は日本ではそもそも結婚式を行うという習慣はありませんでした。しかし明治時代に西洋の文化は流入し、皇族や上流階級の間で西洋風の結婚式をあげるということが始まりました。当初の結婚式を料亭や旅館で行ったことが結婚式場の始まりと言われています。やがて結婚式は第二次世界大戦後に一般庶民の間でも広く行われるようになりました。自宅では多くの人を招いて結婚式ができないため、旅館や料亭だけでなく、ホテルもブライダルビジネスに参入するようになり、そのうちに結婚式に特化した結婚式場が出現しはじめました。 現在はさまざまな形の結婚式場が展開されています。また、レストラン、ゲストハウスなど多くの施設が結婚式場として利用されています。

ポイントはカップルへのヒアリングスキル

結婚式場はさまざまな展開があります。今の結婚式のトレンドとして「参加して頂いたゲストに十分なおもてなしをしたい」「ふたりらしい温かみのある結婚式をあげたい」ということがあります。結婚式場もこの傾向を汲んだものとなるでしょう。 例えばレストランを結婚式場として利用する場合、ホテルなどに比べておいしい料理を提供できることがゲストに対して最大のおもてなしとなります。レストランで挙式すると、待合室がないなどの不便な面もありますが、結婚式の進行としてはホテルなどで行うより自由度が高く、ふたりらしい結婚式を実現できます。 しかしこういった結婚式を行うのも結婚するカップルの希望を十分聞きとれるスタッフがいるからこそです。今後はこのようなきめこまかなヒアリングスキルが結婚式場運営の大きなポイントになると考えられます。